施設の目的

おおむね65歳以上の高齢者で、常時援助を必要とするものの、在宅介護を受けることが困難な方のために、必要な福祉サービスを提供することを目的として、老人福祉法の理念に基づき利用者様の処遇に万全を期するよう努めています。


運営方針

(1)全ての業務を、利用者個人に満足される具体的なサービスの創造と供給に方向づける。

(2)一人ひとりを心から理解し共に歩む。

(3)人間の生命の尊さと優しさを感じて生活できる環境の創造。

(4)人間の幸せを共に喜び感動し学ぶことができる日常的な空間を創る。

(5)明るく清潔で安全・安心できる生活環境を創る。

(6)地域福祉の町づくりに貢献できるサービスを目指す。

(7)利用者様の利益を譲ることができる専門職の育成。


定員 60名

居室 個室、または定員4名、定員3名の居室となります。

食事

管理栄養士がつくる献立票により、栄養と身体の状況を考慮した食事を提供します。また、利用者様の嗜好を踏まえ、バイキングや行事食も実施しております。療養食もご用意できます。基本的には利用者様の自立支援のため、離床していただき、食堂で食べていただきます。必要に応じ介助もさせていただきます。


入浴  一般浴槽と機械浴槽を完備しております。週に最低2回入浴していただけます。状態に応じて清拭をさせていただきます。

介護

短期入所生活介護サービス計画に沿って、排泄・食事・入浴介助と、施設内の移動介助、着替え介助、おむつ交換、体位交換、シーツ交換などの介護を致します。


機能訓練 2Fの機能訓練スペースにて機能訓練を行ないます。

健康管理 看護職員による体温・血圧・脈拍などの健康チェックの他、配置する医師により定期的に検診を行ないます。

生活相談 常勤の生活相談者が、介護や日常生活に関することについてお伺います。

行政手続き代行サービス 行政手続きの代行を施設にて受付けます。

理美容サービス 訪問理美容サービス(月1回来苑・別途料金)をご利用いただけます。

レクリエーション 季節ごとの行事やレクリエーション、クラブ活動を行ないます。

金銭の保全・管理

日常的な生活費用に関する金銭管理を委託することができます。(別途管理費・契約が必要。)ただし、日常の生活に必要な金銭管理等以外の財産管理(処分を含む)、運用が必要な方は利用することができません。


●特別養護老人ホームの1日の流れ●
   時間  プログラム
   4:00
   5:00 排泄
   6:00
   7:00 起床 ・ モーニングケア
   8:00 朝食
   9:00 排泄
   10:00
   11:00 体操
   12:00 昼食
   13:00 排泄
   14:00 レクリエーション ・ クラブ ・ 行事
   15:00 おやつ
   16:00 排泄
   17:00
   18:00 夕食
   19:00 排泄 ・ ナイトケア
   20:00 ナイトケア
   21:00 消灯
   22:00 30分〜1時間毎の巡回 ・ 排泄
   23:00
   0:00
   1:00
   2:00
   3:00